学会案内

最新の理事会

Last Update:2022年2月25日

理事会ニュース(R3年度-5)

日時:令和3年11月15日(月曜日)12:00~16:25
会場:日本外科学会事務所 会議室(Web会議システム;Zoomを併用)
出席者
理事長;森正樹
副理事長;池田徳彦
理事;碓氷章彦、宇山一朗、海野倫明、大塚将之、小澤壯治、奥村明之進、
小野稔、越永従道、小寺泰弘、齊藤光江、佐田尚宏、鈴木眞一、
武冨紹信、田尻達郎、伊達洋至、中村清吾、中村雅史、平野聡、
平松昌子、湊谷謙司
監事;北川雄光、澤芳樹、土岐祐一郎
陪席者
会頭;馬場秀夫
次期会頭;大木隆生
前会頭;松原久裕
幹事;古山正、馬場祥史、宿澤孝太
議題
第1号議案 定期学術集会の件
第2号議案 次期役員等選任の件
第3号議案 次年度収支予算書(案)および事業計画書(案)の件
第4号議案 本年度外科専門医更新および特例更新ならびに移行認定の件
第5号議案 本年度認定登録医更新の件
第6号議案 本年度外科専門医制度修練施設指定の件
第7号議案 各種委員会中間報告の件
第8号議案 入会および休会ならびに復会の件
第9号議案 その他

第1号議案 定期学術集会の件

  1. 次年度定時社員総会:
    Web会議システムによる開催を決議(→令和4年4月13日)。
  2. 第122回定期学術集会(馬場会頭):
    演題を採択済み。
    オンデマンド配信による企業セミナーの開催を決議。
  3. 第123回定期学術集会(大木次期会頭):
    メインテーマ「より高く、より遥かへ」を決議
  4. 第124回定期学術集会(小寺理事):
    会場の使用方法などを検討中。
  5. 今後の定期学術集会の在り方:
    日本胸部外科学会などからの要望を受けて、継続審議中。

第2号議案 次期役員等選任の件

  1. 代議員選挙(選挙管理・選挙制度検討委員会報告:大塚理事):
    令和4年1月15日(土曜日)に代議員選挙の開票を実施。
  2. 次々期会頭/理事/監事の立候補届出:
    届出期間を決議。
    →次々期会頭:令和4年1月17日(月曜日)~27日(木曜日;午後5時必着)
     理事/監事:令和4年1月17日(金曜日)~2月3日(木曜日;午後5時必着)

第3号議案 次年度収支予算書(案)および事業計画書(案)の件

(財務委員会報告:佐田理事)

11月8日に本年度第1回委員会を開催。

  1. 本年度事業計画書/収支予算の修正:
    コロナ禍のため、本年度も事業計画書/収支予算の修正を決議。
  2. 次年度事業計画書(案):
    内容を確認中。
  3. 次年度収支予算(案):
    予算原案の方針を概ね了承。
  4. 資産除去債務:
    事務所の原状回復費用は5年の償却処理で計上する旨を決議。
  5. 基金化:
    継続審議中。

第4号議案 本年度外科専門医更新および特例更新ならびに移行認定の件

第5号議案 本年度認定登録医更新の件

(専門医認定委員会/予備試験委員会報告:平野理事)

  1. 外科専門医試験:
    コロナ禍に伴う代替方式を決定済み。
  2. 外科専門医更新審査の判定
    対象者;4,230名
    申請者;4,010名
    判定結果を決議。
     ①通常の更新;1,805名
     ②サブスペシャルティ専門医による期限延長;664名
     ③サブスペシャルティ専門医による同時更新;各サブスペシャルティの判定次第
     ④認定登録医の登録;140名
  3. 外科専門医特例更新審査の判定
    対象者;181名
    申請者;34名
     可 ;(外科専門医)22名/(認定登録医)12名 →決議
  4. 外科専門医移行審査の判定
    申請者;27名
     可 ;27名 →決議
  5. 認定登録医更新審査の判定
    対象者;561名
    申請者;336名
     可 ;333名 →決議
  6. 認定登録医特例更新審査の判定
    対象者;140名
    申請者;19名
     可 ;19名 →決議
  7. 問題集の販売:
    本年度分から販売価格を3,300円(税込)とする旨を決議。
  8. 会員資格停止に伴う外科研修の取扱い:
    学会活動停止の懲戒処分を受けた場合には、当該期間中を研修実績に算定しない旨を決議。

第6号議案 本年度外科専門医制度修練施設指定の件

(指導医選定委員会/指定施設指定委員会:鈴木理事)

  1. 指定施設指定の判定:
    申請;144施設
    可 ;144施設 →決議(有効期間3年)
  2. 関連施設指定の判定:
    申請;991施設
    可 ;991施設 →決議(有効期間1年)
  3. 指導医更新選定の判定
    1名の更新選定の追加を決議(→計1,062名)。

第7号議案 各種委員会中間報告の件

  1. 専門医制度委員会/日本専門医機構(小寺理事)
    1)臨床研究医コース:
     本年度も外科領域からの応募はなし。
    2)来年度の専攻医の一次登録結果:
     一次登録を〆切済み。
    3)専門研修におけるハラスメントの相談窓口
     周知済み。
    4)厚生労働大臣からの意見および要請:
     例年に準じた回答を決議。
    5)専門医に関する広告:
     厚生労働省の方針を確認中。
    6)連動更新制:
     継続審議中。
    7)コロナ禍に伴う配慮:
     専攻医のキャリアパスに配慮する方針を各サブスペシャルティ学会と合意済み。
    8)医師偏在対策:
     研修施設を対象にアンケート調査を実施中。
    9)心臓血管外科専門医認定機構からの要望:
     継続審議中。
  2. 将来計画委員会(森理事長)
    各WGの進捗状況を確認。
    2-1.「外科専門医のインセンティブ」WG(碓氷理事)
      10月29日に各サブスペシャルティ学会と合同委員会を開催。
      共同の要望書作成の方針を合意済み。
    2-2.「訴訟対策」WG(平野理事)
      代議員を対象にアンケート調査を実施中。
    2-3.「学術集会の在り方」WG(中村(雅)理事)
      第121回定期学術集会の参加者を対象としたアンケートを解析中。
    2-4.「国際化推進」WG(大木次期会頭)
      特段の報告事項なし。
  3. 遠隔手術実施推進委員会(平野理事)
    10月下旬に青森県内の弘前大学と北里大学獣医学部接続して、生体(ブタ)を用いて実証実験を実施済み。
  4. コロナウイルス対策委員会(池田副理事長)
    「NCDデータを用いたコロナ感染の外科手術に対する影響およびトリアージの実態調査研究」の論文がSurgery Todayに採択済み。
    4-1.新型コロナウイルス感染症による他疾患等への影響調査研究;門田分担班(武冨理事)
     研究課題「新型コロナウイルス感染症に対応した新しい生活様式による生活習慣の変化およびその健康影響の解明に向けた研究-生活習慣病の発症および重症化予防の観点から-」を実施中。
  5. 外傷外科医養成研修実施委員会(平野理事)
    10月21日に本年度第1回委員会を開催。
    本年度も本学会が厚生労働省「外傷外科医養成研修事業」の実施者として選定済み。
    受講者を募集中。
  6. 定款委員会(武冨理事)
    特段の報告事項なし。
  7. 男女共同参画委員会(平松理事)
    10月7日に本年度第1回委員会を開催。
    1)邦文誌の企画:
     「理想の男女共同参画を目指して」の執筆者を邦文誌編集委員会に答申済み。
    2)日本小児外科学会からの申し入れ:
     行政宛ての要望書に賛同する旨を決議。
    3)今後の在り方:
     継続審議中。
  8. 外科医労働環境改善委員会(馬場会頭)
    11月9日に本年度第1回委員会を開催。
    1)特定行為研修:
     研修修了済みの看護師数などのデータを確認。
    2)医療法の改正:
     本年10月の改正により、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、救急救命士の業務範囲が拡大済み。
    3)集中的技能向上水準(C-2水準)にかかるモデル審査:
     厚生労働省に協力中。
    4)厚生労働行政推進調査事業「医師の労働時間短縮のための手法に関する検討」:
     患者への説明動画の資材などを作成予定。
    5)今後の在り方:
     継続審議中。
  9. 邦文誌編集委員会(小澤理事)
    10月28日に本年度第2回委員会を開催。
    1)過去の日本外科学会雑誌のOnline Journal化:
     日本外科学会雑誌を第1巻からすべてアーカイブして、Online Journal化する方針を決議。
    2)編集状況:
     第124巻第2号までの特集企画などを決定済み。
  10. 英文誌編集委員会(海野理事)
    1)編集状況:
     投稿数;772編(10月末時点)
    2)二重出版の疑義:
     当該論文をRetractionとする旨を決議済み。
    3)NCDの年次報告:
     英語論文化中(→来年1月掲載予定)。
  11. Case Report誌編集委員会(碓氷理事)
    1)編集状況:
     投稿数;580編(11月初め時点)
    2)委員の追加:
     救急・外傷領域として、佐藤格夫正会員(愛媛大学)への委嘱を決議。
  12. E-learning委員会(奥村理事)
    11月9日に本年度第1回委員会を開催。
    1)配信/受講状況:
     計10本のコンテンツを配信中で、延べ2,666名が受講済み(10月末時点)。
    2)収録方法:
     リモート収録を基本とする方針を決議。
    3)E-learningシステムの見直し:
     全面リニューアルを決議(→委託業者の再選定)。
    4)今後の配信コンテンツ:
     off-the-job trainingを目的とした教育コンテンツの制作を検討中。
  13. 教育委員会(齊藤理事)
    1)今後の活動方針:
     領域別の小グループで検討中。
    2)委員交代:
     渡部広明正会員(島根大学)への委嘱を決議。
    3)外科専門医修練カリキュラム検討WG(解散済み):
     成果発表の論文の著者は当時のWGのメンバーのみとする旨を確認済み。
  14. 臨床研究推進委員会/利益相反委員会(宇山理事)
    1)臨床研究助成/若手外科医のための臨床研究助成:
     本年度の授賞者を決議。
    2)日本医学会のアンケート依頼:
     対応中。
  15. 医学用語委員会(齊藤理事)
    厚生労働省の依頼を受けて、ICD-11の和訳の確認作業結果を実施中。
  16. 学術委員会(中村(雅)理事)
    特段の報告事項なし。
  17. 国際委員会(湊谷理事)
    コロナ禍を受けて、ISTP(International Surgical Training Programme)の対応を確認中。
  18. NCD連絡委員会(湊谷理事)
    NCDに症例アップロード機能を最大限に利用できる対応を求める要望書を提出済み。
  19. 医療安全管理委員会/日本医療安全調査機構(中村(清)理事)
    日本医療安全調査機構のセンター調査の依頼に随時対応中。
  20. 保険診療委員会/外保連(佐田理事)
    1)開発候補薬品の推薦依頼:
     日本医学会連合を介した依頼を受け、対応中。
    2)三保連合同シンポジウム:
     12月8日に開催予定(テーマ;これからの医療~AI、手術ロボット、遠隔医療~)。
  21. 倫理委員会(小野理事)
    第122回定期学術集会の応募演題における倫理的手続きの承認期限を延長済み(11月末まで)。
    21-1.調査委員会(小野理事)
    1名の学会活動停止処分を決議。
  22. 情報・広報委員会(田尻理事)
    ホームページの日本語ページをリニューアル済み。
  23. CST推進委員会(伊達理事)
    10月22日に本年度第1回委員会を開催。
    1)ガイドラインの英語化:
     対応の上、Surgery Todayへの掲載を決議。
    2)厚生労働省「実践的な手術手技向上研修事業」:
     事業費予算と、配布先が確定済み。
    3)第122回定期学術集会のCST推進委員会企画:
     4月16日(土;第3日目)に開催予定。
    4)ガイドラインのアプリ化:
     HOKUTO社への依頼を決議。
    5)本年度のCST審査:
     各大学からの報告書を審査済み。
  24. 移植関係学会合同委員会(伊達理事)
    膵臓移植実施施設として琉球大学を新規認定済み。

第8号議案 入会および休会ならびに復会の件

  1. 総務委員会報告(池田理事):
    10月18日に本年度第2回委員会を開催。
    1)会費収納方法の見直し:
     コンビニ決済の追加を決議。
    2)非医師の入会:
     継続審議中。
    3)会議室の貸与:
     継続審議中。
    4)職員の俸給:
     財務委員会に申し送り済み。
    5)正職員の雇用:
     12月1日付で1名を雇用(当面は試用期間)。
  2. 入会および休会ならびに復会:
    入会申請者全員を正会員とする旨を決議。
    復会申請者全員の復会を認める旨を決議。

第9号議案 その他

  1. 次回(第6回)開催予定:
    令和4年1月24日(月曜日)12:00~16:00
    場所:日本外科学会事務所 会議室(Web会議システムを併用;ハイブリッド形式)
このページの先頭へ