雑誌

日本外科学会雑誌投稿規定

Last Update:2021年8月11日

日本外科学会雑誌投稿規定(2018年1月改定,2021年4月消費税表記変更)

投稿者の資格

著者ならびに共著者は,すべて日本外科学会会員に限る.ただし,邦文誌編集委員会において承認された場合はこの限りでない.

原稿

  1. 原稿は未発表のもの(下記のAcceptable secondary publication以外)に限り,投稿論文の審査は査読制とし,採否は邦文誌編集委員会において決定する.
  2. 投稿原稿は,「会員からの寄稿」と明記して投稿する.さらに誓約書・利益相反自己申告書を添付する.
    誓約書・利益相反自己申告書(PDF)
  3. 投稿原稿の投稿規定については,付表を参照する.
  4. 原稿は,Word,テキストファイルを用いる.
    E-mailの場合は,データを添付して「journal@jssoc.or.jp」宛まで送る.郵送の場合は,CD-R,DVD-R又はUSBフラッシュメモリを送付する(返却は出来ません).
  5. 医学用語については,日本外科学会医学用語委員会編の「手術用語集」および「外科的疾患用語集」,「外科学用語集Web版」に掲載された用語を用いる.
    記述は新かなづかいで,原則として常用漢字を用い,度量衡はCGS単位に限る.外国人名,薬品名などの化学用語は原語を用いる.
  6. 掲載済の原稿は原則として返却しない.
  7. 本投稿規定2.の誓約書により,掲載後の全ての資料の著作権(著作権法27条及び28条に規定する権利を含む)を一般社団法人日本外科学会に譲渡し,著作者人格権を行使しないものとする.

図表・写真

  1. 図表や写真は白黒を原則とするが,カラーを希望する場合には実費を徴収する.
  2. そのままで印刷可能な明瞭なものに限る.
  3. 図表や写真は,PowerPoint,Excel,JPEG形式を用いる.

文献

  1. 文献は必要最小限とし,引用順に番号を付す.
  2. 雑誌の場合は,著者名(筆頭者から3名までは列記し,それ以上は他またはet al):題名.雑誌名,巻:初頁―終頁,西暦年号.の順に記す.単行本の場合は,著者名(筆頭者から3名までは列記し,それ以上は他またはet al):題名.監修者,書名,巻(版数),発行所,発行地,初頁―終頁,発行年.の順に記す.
  3. 略誌名に関して,日本文献は医学中央雑誌略名表に,外国文献はIndex Medicusに従う.
    例)
    1.金子公一:進行肺癌に対する拡大手術―最近の動向―,特集によせて.日外会誌,114(4):172, 2013.
    2.日本食道学会編:食道癌診断・治療ガイドライン.第2版,金原出版,東京,pp13-16, 2007.
    3.高見 博,村井 勝:第1章 内分泌外科総論.村井 勝,高見 博(編),内分泌外科標準テキスト,第1版,医学書院,東京,pp1-7,2006.
    4.Llovert JM, Ricci S, Mazzaferro V, et al.:Sorafenib in advanced hepatocellular carcinoma. N Engl J Med, 359:378-390, 2008.
    5.Takami H:Hypercalcemic crisis. In:Clark OH, Duh Q-y, Kebebew E (eds), Textbook of Endocrine Surgery, 2nd ed, Elsevier Saunders, Philadelphia, pp543-548, 2005.

Acceptable secondary publication(容認可能な二重投稿)

ICMJE(International Committee of Medical Journal Editors)は一定の条件を満たす場合,Acceptable secondary publicationとして,これを認めている.投稿論文が以下の条件を満たしており,邦文誌編集委員長が認めた場合,その投稿論文をsecondary publicationとして査読の対象とする.

1)Secondary publicationとは日本語以外の言語で出版されたprimary versionのデータ,解釈に関し,それを忠実に反映して日本文で書かれたものである.

2)筆者は,primary publicationの編集長の同意書を受領する.邦文誌編集委員長は,primary versionのコピー,別刷または原稿を所有しなくてはならない.

3)出版の優先権は,少なくとも1週間の間隔をあけて,出版することによりprimary versionとして尊重される.

4)Secondary versionの論文のタイトルページ脚注には,その論文が全体または一部にかかわらず,出版済みであることを示す必要があり,またprimary versionの論文を参考にしたことを明確に記載する.脚注については,以下の文例を使用すること.
「この論文は既に掲載された論文である.(題名,雑誌名,発表年,巻号,頁数)」

掲載料金

  1. 掲載料金については,付表を参照する.
  2. 別刷は30部を贈呈するが,それ以上は著者負担とする.
  3. トレーシングを必要とする場合,および特別の印刷技術を必要とする場合は実費を徴収する.
  4. 地方会,集談会記事は申し出があれば無料で掲載するが,抄録は掲載しない.また,掲載に際しては活字を小さくするなどの体裁がありうる.
  5. 会告,学会案内,地方会案内などの掲載は22,000円(税込)を徴収する.

校正

著者校正は原則として,初校のみとする.
原稿送付先
〒105-5111 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービルディング南館11階
日本外科学会邦文誌編集委員会 宛
(TEL 03-5733-4094 FAX 03-5473-8864)
E-mail:journal@jssoc.or.jp

付表
投稿規定,および掲載料金:

原稿字数 図表・写真 掲載料金
4,000字以内 4点以内 33,000円(税込)(4頁以内)
備考
  1. 図表・写真は,1点につき原稿400字相当として換算し,原稿字数内に含める.
  2. 内容要旨・英文抄録・索引用語の字数は,原稿字数内に含める.
  3. タイトル頁に題名,所属機関名,氏名の英語表記をつける.
  4. 刷り上り4頁を超過した場合は,超過1頁毎に16,500円(税込)を徴収する.
  5. カラー掲載を希望する場合は別途,実費を徴収する.(1頁あたり,約52,800円(税込))
  6. 別途,消費税を徴収する.

邦文誌編集委員会(◎印は委員長,○印は副委員長)

  • ◎小澤 壯治
  • ○平松 昌子
  • 市川 大輔
  • 井本  滋
  • 上野 秀樹
  • 江川 新一
  • 遠藤  格
  • 遠藤 俊輔
  • 大段 秀樹
  • 大友 康裕
  • 神尾 孝子
  • 小林 弘幸
  • 齋木 佳克
  • 坂本 一博
  • 杉谷  巌
  • 田邉  稔
  • 中原さおり
  • 西田 尚弘
  • 野村 幸世
  • 橋口陽二郎
  • 平林  健
  • 福井 寿啓
  • 船橋 公彦
  • 星川  康
  • 増田 隆明
  • 松宮 護郎
  • 溝端 康光
  • 宮地  鑑
  • 山崎 宏司
 

邦文誌編集幹事会

  • 相星 淳一
  • 麻賀 創太
  • 大沼  忍
  • 梶原 由規
  • 片平晋太郎
  • 金子 奉暁
  • 河合  英
  • 河口 賀彦
  • 川崎志保理
  • 熊本 宜文
  • 小林  完
  • 小林  剛
  • 小柳 和夫
  • 軸薗 智雄
  • 篠田 昌宏
  • 庄司 文裕
  • 杉本 起一
  • 武内 秀也
  • 坪地 宏嘉
  • 波多  豪
  • 尾藤 祐子
  • 平田 康孝
  • 堀内喜代美
  • 松浦  馨
  • 松田 圭二
  • 松田 安史
  • 真鍋  晋
  • 水島 靖明
  • 萬谷 京子
 
このページの先頭へ