専門医制度

試験申請

Last Update:2021年8月16日

新専門医制度における外科専門医試験について(第4報:2021年7月時点)

 日本専門医機構の新専門医制度(原則としてプログラム制)による研修を行われ、手術経験や学術活動といったすべての要件を充足し、プログラム統括責任者から専門研修の修了判定を得た専攻医及び新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い研修を「仮修了」とした専攻医については、本年8月22日(日)に神戸ポートピアホテルにて外科専門医試験を実施することが決定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の急速な再拡大や、東京都や沖縄県などにおいて改めて緊急事態宣言が発令されたことなどから、社会情勢を鑑み、中止とさせていただくこととなりました。掛かる事情について何卒ご了承願います。
 なお、受験予定であった専攻医の皆様におきましては、来年中に実施予定の令和4(2022)年度外科専門医試験にスライドして受験いただきます。令和4(2022)年度外科専門医試験に合格されれば、外科専門医の取得のスケジュールそのものには遅滞が生じないように配慮する方針でありますことをご報告申し上げます。

※お振込み済みの外科専門医試験申請手数料(22,000円)につきましては、そのまま令和4(2022)年度外科専門医試験の申請手数料へ振り替えを行わせていただきます。
 なお、今後の対応に関する方針につきましては、詳細が決定次第、早急にご申請いただいた方々に個別にご通知させていただきます。

※令和3(2021)年度の外科専門医に合格した上で、引き続き令和4(2022)年度の外科サブスペシャルティ領域の専門医試験受験を検討されていた専攻医の皆様につきましては、予定どおりに令和4(2022)年度中の外科サブスペシャルティ領域の試験受験が可能となりますように、各サブスペシャルティ学会と調整中でありますことを申し添えます。

 » 新専門医 試験申請  

 

外科専門医過去問題集

このページの先頭へ