専門医制度

令和4(2022)年3月:新専門医制度における年次の研修状況の評価登録について(日本外科学会)

Last Update:2022年3月30日

 令和4(2022)年3月における年次評価についてご案内いたします。

専攻医及び専門研修指導医による評価登録期間:
令和4(2022)年3月18日(金曜日)~令和4(2022)年4月18日(月曜日)
※期間内に登録を行わない場合は、1年間の専門研修期間が無効となる可能性があります。ご留意ください。

1、2019年に専門研修を開始した先生方について

 下記の順に、各種登録を完了してください。

1)2022年3月時点でご在籍の研修施設における「施設評価」の登録
2)2022年3月までの「研修履歴」の終了年月の登録
3)1及び2が完了した上で、最終となる3年次の「年次評価」の登録
4)2021年症例のNCD登録期限後(2022年4月8日以降)におけるNCD検索システムを用いた経験症例数の「症例確定」

※4つの手続きの全てを順に完了いただき、その後にプログラム統括責任者による研修の「修了判定」が行われます。
※(重要)最終となる3年次の「年次評価」は、2022年3月時点の研修施設の担当指導医から「施設評価」と「研修履歴」双方の登録・承認を得た後に、初めて可能となります。担当指導医における手続きの進捗によりましては、「年次評価」の登録が可能となるまでお時間を要する可能性がありますため、ご留意ください。なお、「年次評価」については、先に登録済みの2022年3月時点の「施設評価」の情報が既存で表示される仕様としておりますため、登録については最小限の手続きで完了が可能です。最終の見直しを行った後に、改めて担当指導医へ確認をご依頼ください。
※プログラム統括責任者による「修了判定」にあたりましては、判定に必要となる2022年3月までの専門研修の進捗について、ご自身の研修履歴や学術活動(研究発表/論文発表)、日本専門医機構認定の共通講習受講(医療安全、感染対策、医療倫理)、日本外科学会定期学術集会への参加といった項目についても、最新の情報を登録してください。

《今後のスケジュール(予定)》

  • 3月18日~4月18日:3年目ご在籍の研修施設における「施設評価」及び研修履歴の終了登録、3年目の「年次評価」登録
  • 4月8日~4月18日:NCD検索システムを用いた経験症例数の「症例確定」手続き
    ⇒NCDにおける2021年症例(2021年1月から2021年12月までの症例)の登録期限終了後、要件達成の有無の制限なく、プログラム統括責任者へ判定を依頼するための「症例確定」手続きが必要となります。2021年12月までのご自身の経験症例数について、研修実績管理システムの「病歴抄録一覧」からNCD検索システムへログインの上、未分類症例の振り分け等を確認の上、修了判定を依頼するための「症例確定」手続きを行っていただきます。
  • 5月上旬~5月中旬:プログラム統括責任者による修了判定
  • 6月上旬~6月24日:修了と判定された先生方における試験申請
  • 8月28日(日):外科専門医試験

※専門研修を修了し、外科専門医試験に合格した先生方は、2023年1月1日付で日本専門医機構認定の新専門医として認定される予定です。

2、2020年以降に新制度の専門研修を開始した先生方について

 年次評価の登録に際しては、3月末をもって当該施設の研修を終了される場合と、終了されない場合で手順が異なりますので、ご留意ください。

2-1)3月末をもって当該施設の研修を終了し、次の研修施設への異動が決定されている場合

 3月末をもって当該施設の研修を終了し、次の研修施設への異動が決定されている場合は、以下の手順で登録を行ってください。

1)2022年3月時点でご在籍の研修施設における「施設評価」の登録
2)2022年3月までの「研修履歴」の終了年月の登録
3)1及び2が完了した上で、最終となる3年次の「年次評価」の登録
※3の「年次評価」については、先に登録済みの2022年3月時点の「施設評価」の情報が既存で表示される仕様としておりますため、登録については最小限の手続きで完了が可能です。最終の見直しを行った後に、改めて担当指導医へ確認をご依頼ください。

2-2)4月以降も現在ご在籍の施設にて研修を継続される場合

 2022年3月時点でご在籍の研修施設における「年次評価」の登録を行った上で、専門研修指導医へ評価の登録を依頼してください。

このページの先頭へ