お知らせ

新専門医制度におけるカリキュラム制による専門研修について

Last Update:2021年10月22日

日本外科学会会員の皆様へ

 この度の新専門医制度発足におきましては、会員の皆様に多大なるご支援とご理解を賜っておりますこと、あらためまして厚く御礼を申し上げます。
 新専門医制度の専門研修は原則としてプログラム制となりますが、外科領域専門研修プログラム整備基準より、「相当の合理的な理由がある場合」については、柔軟なプログラム制の適用(カリキュラム制への移行)を認めることとしております。
 この度、日本専門医機構からの要請を受け作成し、承認を得ました外科領域専門研修カリキュラム制整備基準を公開させていただきます。

外科領域専門研修カリキュラム整備基準はこちら

 なお、外科領域の専門研修は全てオンラインシステム(研修実績管理システム)を介して行われます。
 現在、「相当の合理的な理由がある場合」として、外科領域及び日本専門医機構の承認を受け、カリキュラム制で研修を行うこととなった専攻医に向けたカリキュラム制専用の研修実績管理システムを構築中でありますので、研修記録の登録等詳細については今しばらくお待ちください。

令和3(2021)年10月

一般社団法人日本外科学会
理事長 森 正樹
専門医制度委員長 小寺 泰弘

このページの先頭へ