お知らせ

「日本外科学会120年記念誌」電子ブック版の公開のお知らせ

Last Update:2021年9月17日

2021年9月

「日本外科学会120年記念誌」電子ブック版の公開のお知らせ

一般社団法人日本外科学会
理事長 森 正樹
第120回定期学術集会
会頭 北川雄光

 日本外科学会設立120周年記念事業の一環として編纂いたしました「日本外科学会120年記念誌」につきまして、2020年の第120回定期学術集会(完全Web開催)の参加登録者の皆様方にはお手元にお届けいたしましたが、このたび、電子ブック版を会員専用ページ内に公開することにいたしました。

 この「日本外科学会120年記念誌」は、今から20年前に発刊された「日本外科学会100年誌」に引き続きまして、第101回から第120回までの定期学術集会の記録を掲載した他、年表、宿題報告から見た日本外科学会の歴史などの企画に加え、未来に向けて重要なテーマについての展望を座談会形式で掲載いたしました。ぜひとも、ご一読をいただけましたら幸いです。

 本学会ならびに外科学の未来に向けまして、今後も末永くご指導、ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

第120年記念誌表紙

「日本外科学会120年記念誌」電子ブック版を閲覧する場合は、こちらをクリックして、会員専用ページにログインしてください。

※「日本外科学会120年記念誌」の冊子版は、1部あたり7,700円(税込)で有償頒布致します。ご希望の場合は、事務局までお申し出ください(メールアドレス:congress@jssoc.or.jp)。
なお、「日本外科学会100年誌」も1部あたり11,000円(税込)で有償頒布いたします。

【訂正】
 冊子版の116ページに以下の誤りがありますので、訂正して、お詫びいたします(電子ブック版は修正済みです)。

《誤》
宿題報告
7.「BRCA1/2変異陽性乳がん患者に対する適切なマネージメント-リスク低減乳房切除術の意義を含め-」

中村清吾、明石定子

《正》
7.「BRCA1/2変異陽性乳がん患者に対する適切なマネージメント-リスク低減乳房切除術の意義を含め-」

中村清吾、明石定子、井手佳美

このページの先頭へ