MENU

会頭挨拶

第123回日本外科学会定期学術集会 会頭
東京慈恵会医科大学 外科学講座 血管外科
大木 隆生

この度、第123回日本外科学会定期学術集会会頭を拝命し、2023年4月27日(木)-29日(土)に東京の地におきまして、学術集会を主催させていただきます栄誉を賜りました。本学会役員、会員をはじめとした関係各位の皆様方に心より感謝申し上げます。

今回の学術集会テーマは「より高く、より遥かへ -Higher and Further Together-」にいたしました。このテーマには、より難しい手術、より高い技術への挑戦、より意義の高い、より患者満足度の高い外科医療、より高い社会的地位、よりよい待遇、など様々な意味が込められておりますが、その根底には、欧米でそうであるように「外科学こそが医学の王道」であり、より高く遥かなところまで外科医、そして外科医療を昇華させたいという強い思いを込めております。外科医不足が叫ばれて久しく、学術集会翌年の2024年には医師の働き方改革を控えており、いままさに外科医療は岐路に立たされております。若手外科医、そしてこれから外科医を志す次世代が安心してメスを振るえる環境整備をするために基盤学会として何ができるのか、何に取り組むべきなのかを議論し、それを実現できるような主催校プログラムを準備しております。

COVID-19感染により、この2年余りに亘って我々の学術活動も大きな影響を受け、学会形態がオンライン学会あるいは現地参加と併用したハイブリッド学会が主流となりましたが、後者においてはこの形式で開催したいずれの学会でも大多数がオンライン参加で現地参加者はごく少数にとどまっていました。学会のオンライン化は、利便と効率の向上に寄与するものの、その反面、若手の人的交流ならびに共同体意識の涵養の場が失われているという側面を持ち合わせております。オンラインの利便性を取り入れつつ、学術集会の目的と意義である学術情報の発信、交換にとどまらずに、人的交流促進と共同体意識の涵養につながる新しいスタイルの学術集会を目指しております。

本学術集会は東京慈恵会医科大学といたしましては第86回長尾房大先生以来37年振り、そして慈恵医大の学祖高木兼寛が主催してから120年目の節目の年の主催となります。教室員のみならず同門一同で開催を心待ちにしており、鋭意準備に邁進しております。どうか奮って「現地」ご参加の上、会場内で熱い議論を交わしていただけますようお願い申し上げます。その結果、外科学がより高く、より遥かへと前進できましたら主催校として望外の喜びとなります。

このページの先頭へ